レクサスLS600hLがすごい!
レクサスLS600hLがいよいよ登場しましたね! トヨタのハイブリッド車の中でも、最高峰に位置するLS600hL! とはいえ、このハイブリッド車、どこがすごいのでしょうか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッド車のドライブトレーン
レクサスのハイブリッド車でも、ドライブトレーン(駆動機構)が重要となってきますが、このドライブトレーン、今のところ大きく分けて、「シリーズ方式」、「パラレル方式」、「シリーズ・パラレル併用方式」の3種類あるそうです。

そしてこのドライブトレーン、各自動車メーカーによって採用する方式が違っているようです。電機メーカーでいえば、VHS対ベータッマックス、ブルーレイ対HD DVDなどの戦いに似てますね。最終的にどれかの方式に統一されることになるのでしょうか?

ちなみにレクサスが採用している方式は、「シリーズ・パラレル併用方式」だそうです。

「シリーズ・パラレル併用方式」は、他の「シリーズ方式」、「パラレル方式」のそれぞれのいい点を取り入れた方式だそうです。

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

【 ドライブトレーン構造の種類 】

シリーズ方式(直列方式)」とは、一方の動力源で車軸を駆動し、他方の動力源は駆動しない。

一般的な実装は、エンジンは発電機を駆動するのみで発電はバッテリーに蓄電され、モーターが車輪を駆動する。制御が容易であることがメリットだが、全体が大きく重くなること、効率が高くないことがデメリットとなる。

「パラレル方式(並列方式)」とは、搭載している複数の動力源を車軸の駆動に使用する方式。一般に重量および効率の点でシリーズ方式よりも優れるが制御が複雑とされてきた。

「シリーズ・パラレル併用方式」シリーズ方式とパラレル方式の2区分であり、それぞれメリットデメリットがありどちらかにが主流と定まっていたわけではなかった。

1997年、プリウスでトヨタがトヨタのハイブリッドシステムTHSとして採用したのは、シリーズ方式とパラレル方式の両方のメリットをもった「シリーズ・パラレル併用方式」だった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ls600hl.blog104.fc2.com/tb.php/3-a7b4b4c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。